iDeCo de レラティブストレングス投資【2017年11月】

iDeCo

全体的に上昇傾向

 

 

8月・9月に多く仕込んだ人にとってはボーナスステージな1ヶ月だったことでしょう。個別株についてはあまり恩恵は感じられなかったですが・・・。こういう時は投資信託は恩恵を受けやすくていいですね。やっていてよかったです。

 

さて、確定拠出型年金11月分の拠出分についてみていきます。

 

今月2017年10月拠出分のスケジュール

2017年10月26日:掛金引落日
2017年11月12日:スイッチングの締切日
2017年11月13日:運用指図締切日・スイッチングの反映日(指図日)
2017年11月14日:拠出日
2017年11月15日:商品購入手続き開始日

さて、今月の運用指図締切日は11月13日(月)でした。

今回もきっちり掛金拠出され、運用指図も確認しました!

iDeCo拠出の注意点!残高不足には気を付けて!(手遅れ)

 

2017年11月10日時点「レラティブストレングス投資」シグナル

順位 リターン平均 資産クラス ファンド名 売買シグナル
1 22.30% 米国株 iFreeNYダウ・インデックス BUY
2 20.31% 日本株 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド BUY
3 18.61% 新興国株 EXE-i 新興国株式ファンド BUY
4 16.86% 先進国株 DCニッセイ 外国株式インデックス BUY
5 9.53% 海外REIT 三井住友・DC外国リートインデックスファンド BUY
6 6.60% 先進国債券 三井住友・DC外国債券インデックス BUY
7 6.06% 新興国債券 三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド BUY
8 -1.11% 日本国債券 三井住友・DC外国債券インデックス SELL
9 -5.37% 日本REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンドA SELL

※2017年9月21日付で、「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」のファンド名称が「三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」に変更されています。

 

2017年11月10日時点の基準価額で算出したところ、上記のようなシグナルとなりました。

 

RS直近6ヶ月グラフ

RS20171110

 

私が作成しているRS(レラティブストレングス)直近6ヶ月グラフを掲載します。

全体的に株高な1ヶ月でした。

日本・先進国・米国株のリターンが2ヶ月前の倍以上に・・・!

NYダウは11月8日に2万3000円台に乗せ最高値を更新。すごい。

日経平均株価は11月9日に25年10ヶ月ぶりの一時2万3000円台を回復しておりすさまじい勢いですね。その直後急落しましたが。

新興国の指数も伸ばしておりましたが、日本株のリターン平均の方が高かったようです。

 

一部では「バブルだ!」「そろそろ崩壊するぞ!」なんて声がありますが、はたして今後はどうなるでしょうか?なかには日経平均が3万円まで上昇するとの見通しを発表しているところまります。もちろんそのように上昇していくことを期待しています。

 

【確定】2017年11月の運用指図

上記「レラティブストレングス投資」シグナルに従い、運用指図は以下の通りとなります。

新規拠出分

資産クラス ファンド名 割合 金額
米国株 iFreeNYダウ・インデックス 50%  7,500
日本株 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 50%  7,500

スイッチング(預け替え)

売却ファンド ファンド名 買付ファンド ファンド名
新興国株 EXE-i 新興国株式ファンド 日本株 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

 

ついにスイッチングの時がやってまいりました。

正直言うと新興国をホールドした方がいいのではと思うのですが、レラティブストレングス投資のルールですので、機械的に取引を行っていきます。

毎年11月から12月にかけては先進国の株価指数は上昇傾向にあるので、それを楽しみにしておきます。

もし北朝鮮ミサイルがあれば8月のように急落がありえるのか、どうなのでしょう・・・。

 

次回の掛金引き落とし日は11月27日(月)です。忘れないように掛金を準備しましょう!!

 

「レラティブストレングス投資」ってなに!?って人に見てほしい

レラティブストレングス投資はすごい!

 

ABOUTこの記事をかいた人

大阪府在住3羽と2匹のペットを飼うアラサー。 このブログでは私がこれまでに経験したことから今後経験していくこと、飼っている文鳥さんとうさぎさんと猫ちゃんのとても愛らしい姿、そして楽しい三十路ライフを迎えるための金策などを、誰にでもわかりやすくお届けしていく予定です。