エアコンを使い始める前に掃除をしよう。夏本番前に節約のためにも健康のためにもゼッタイしておいた方がいい

ゴールデンウィークを明ける前から既に暑い日が続いてきました。
これから夏に向けてどんどん熱くなっていきます。

夏に1番使う家電といったら、やっぱりエアコンですね。
これからエアコンがフル稼働になる季節がやってきます。

しかしです・・・。

エアコンをつける前に確認しておかないと大変なことになるかもしれません!

久々にエアコンをつけてみたら

ほこりが降ってきた!!」

「なんだか空気がカビ臭い・・・」

このような経験はありませんか?

私はひとり暮らしの時期にこのような経験をしてしまっていたので、今年はエアコンを使う前に対策をしておきました。

今年はエアコンを使う前にしっかり掃除をしました。

 

自分でエアコンを掃除しました

面倒くさがり屋の私ですが、今後の快適な生活のために頑張りました。
自分で出来る範囲で、エアコンの掃除をしてみたいという方の為に、プロのノウハウを踏まえた上でご家庭で出来る範囲で最善の方法をご紹介します。

エアコン掃除で準備するもの

今回ご紹介するエアコン掃除に必要なお掃除グッズは、たったの3つだけです。

  1. 掃除機
  2. 中性洗剤
  3. タオル

(※エアコンの位置が高い場合は、踏み台や脚立が必要になります。)

準備が整ったら、早速エアコンのお掃除を開始しましょう。コツさえつかめば、意外と簡単にキレイにすることができます。

フィルターの掃除方法

おそらくほとんどの方が、フィルターの掃除を行なっているとは思いますが、どのように掃除していらっしゃいますか? フィルターをを外して掃除機で吸っている方が多いのではないでしょうか? 決して間違っているわけではありませんが、エアコンの仕組みとフィルターの特性を理解して掃除して頂く事で効率的に汚れを落とす事が出来ます。

  1. まずはフィルターを外す前に掃除機をかける。
    すぐにフィルターを外した時にホコリをかぶった経験をしたことありませんか?フィルターを外す前にフィルターの周りやエアコンのパネル部分に付いたホコリを掃除機で吸っておく事で、フィルターを外した時にホコリが降ってくるのを防ぐ事が出来ます。
  2. フィルターを外す時はゆっくり丁寧に
    フィルターは非常に薄くて柔らかいプラスチック樹脂で出来ていますので無理に引っ張ったりねじったりすると破損する可能性があります。また、勢いよく引っ張りすぎると奥からホコリの塊が落ちて来る可能性があるので注意しましょう。
  3. 外側からそっと掃除機をかける
    ホコリはフィルターの外側に付いていますので外側から掃除機をかけましょう。内側から吸ってしまうと、ホコリが逆にフィルターの目に詰まってしまいます。
  4. 月に1回はお風呂場で水洗いして日陰干しする
    掃除機で吸うだけでは目に詰まった細かなホコリは完全には取れません。
    2回に1回は掃除機で吸った後、浴室でシャワーをかけて水洗いしましょう。その時ポイントは掃除機とは逆に裏側からシャワーをあてる事です。外側から水圧をかけると逆に目詰まりしてしまいます。
    洗剤を使う場合は台所の中性洗剤を水で薄めた物を使い、柔らかいブラシを使えば、フィルターを傷めません。

吹き出し口とルーバーの掃除方法

吹き出し口は、熱交換器を通った空気が出て来る最後の部分です。ここが汚れていては部屋中に汚れた空気をまき散らす事になるので手の届く範囲でキレイに拭き上げましょう。
手が届かない場合や、自信が無い場合は決して無理に作業せずプロに頼むようにしましょう。届かなくて椅子に乗って作業する場合は安全の為に必ず誰か下についてもらいましょう。

  1. コンセントを抜く(もしくはブレーカーを落とす)
    ここから先はエアコンの内部を触るので、必ずエアコン室内機の横にあるコンセントを抜いてから作業して下さい。
    ※コンセントが無い場合は、ブレーカーを落とします。
  2. ルーバーを手で回す
    吹き出し口のルーバーを手で回します。
    ルーバーは手で動かしてキチンと閉まらなくても、電源を入れれば自動で元の位置に戻るので大丈夫です。
    ※軽く回して動かない機種は無理に作業しないでください。
  3. 中の拭き上げ
    タオルに中性洗剤を薄めた物を染み込ませ指に巻いて中を拭いていきます。届かない場合は細長い定規のようなものにタオルを巻いて拭きましょう。
    洗剤を使った後はもう一度水でしぼって仕上げ拭きして下さい。また、中の方に見えるファンに付いている汚れは、プロが使う専門の器材と洗剤が無いと取れませんので触らないように注意しましょう。
  4. 電源を入れ送風運転
    キレイになったらコンセントを差して電源を入れ送風運転をして完了です。この時汚れが残っていても運転中には決して触らないように注意して下さい。中のファンに指が巻き込まれたりすると大変危険です。

市販のエアコン洗浄スプレーは注意が必要

市販のエアコン洗浄スプレーは、使い方を間違えるとエアコンが故障したり、水漏れの原因になる可能性もあるので十分注意して使いましょう。

電装部品に洗剤がかからないように注意

電装部品に洗剤がかかるとエアコンが故障してしまいます。スプレーの噴射をしっかり見て電装部品の近くにはかからない様に十分注意して下さい。

汚れがひどい場合は水漏れの原因になる事も

熱交換器の汚れやホコリが多いと洗浄スプレーで流して、エアコン内部のホコリが外に流れきれずにドレンパンの中で溜まったままになってしまう場合があります。ホコリが乾いて固まってしまうと、そのホコリがダムのように結露水をせき止めてしまい、上手く外に流れず、ポタポタと水漏れするようになる可能性があります。またうまく流れたように見えても、ホースの中でホコリが詰まってしまいます。

※通常プロのエアコン分解クリーニングでは、電装部品を完璧に保護した上で、洗剤とすすぎで合計10リットル以上の水を使って流していきます。スプレーは2本使っても1リットルにもなりませんので完全にキレイに出来るとは考えにくいと言えます。

完璧なエアコンの掃除を求めるならプロにやってもらおう

自分でエアコンの掃除スプレーを使って清掃すると安上がりで済みますが、どうしても詰めが甘くなって汚れが取り切れなかったり、エアコン内のファンに付いている汚れは、プロが使う専門の器材と洗剤が無いと取れませんし、市販のエアコンの掃除スプレーは使い方を誤るとエアコンの故障の原因になってしまいます。

エアコンの嫌な臭いは、多くの場合お掃除が必要だというサインです。カビや汚れが溜まったエアコンから出る空気は、気分が悪いだけでなく健康にも悪影響を与えかねません。本格的に使用する季節の前には、一度プロにエアコン内部までクリーニングをしてもらうと、気持ちよく使えるだけでなく日頃の掃除やメンテナンスも楽になります。

プロによるエアコンのクリーニングは、エアコンを分解して、カバーはもちろん、内部に潜むカビやホコリまで徹底的にエアコン内部を掃除します。自分で掃除するのに比べてプロに頼むと、プロの技術と専用機材による分解洗浄で、ご家庭ではできないエアコン内部のアルミフィンやフィルターをすみずみまでクリーニングしてくれます。また、最後はオリジナル防カビ剤仕上げで、キレイで清潔なエアコンに仕上げてくれます。

「でも、一体どこに依頼したらいいのだろう・・・」

エアコンのクリーニングなんて1台だけでも何万円もしますし、エアコンのクリーニングを取り扱っている業者はいくつもあります。

ハウスクリーニングの「一括見積もり比較サイト」を使って、色んな業者さんに見積もりを取ってみましょう。

 

業者に頼むなら夏本番前に格安な業者を見つけよう

エアコンの中は予想以上に汚れていたりします。
使っていない間にカビやダニだらけになるようです。

ハウスダストアレルギーの原因にもなりかねません。

しかしハウスクリーニング代って結構しますから、何だか躊躇してしまいますよね。

そんな費用を節約したければ、季節をはずして今の時期にでも行うことが1番です。

 

夏になると全国の家庭でエアコンがフル稼働されます。そこでエアコンの酷い汚れに気づきプロにエアコンのクリーニングの注文が全国で相次ぎます。そうすると需要が高まるため夏場のクリーニング代金は高騰、もしくは人気の業者や比較的代金の安い業者の予約が埋まりすぐに対応してくれなくなるか、代金の高い業者や口コミで評判の悪い業者しか空いておらず損をしてしまう恐れがあります。

逆にみんなが注目していないエアコン稼働シーズン前の時期だからこそ、ゆっくりと低価格で行うことが出来ます。

暑くなってきてからでは遅いんです。

健康はお金には変えられませんので、ぜひ夏本番前にエアコンのクリーニングを検討してみてください。

綺麗なエアコンでお部屋を快適な空間にしましょう。ケチって我慢も良くないです。

(↓私が過去にエアコンをつけずに生活していたから起きた不幸な話です・・・)

節約のためにエアコンをケチるのは暴挙!?室内熱中症で救急搬送された実体験

 

ハウスクリーニングは比較しましょう!比較しないと大きく損することも

「ハウスクリーニングを頼みたいけど、一体どこに依頼したらいいのだろう・・・」

本気で家中をピカピカにしたいけれど、どこに依頼したらいいかわからないし、相場だって気になるしお金もどれぐらいかかるかを知りたいですよね。

ハウスクリーニング代をお得にするためには、複数の業者と比較することがコツです。しかし、自分でいくつもの業者を比較するのは面倒ですよね。

ズバットハウスクリーニング比較」なら、見積もりを各社に出すことなく、最安値のハウスクリーニング業者を無料で簡単に探すことができます。

同じ条件でハウスクリーニングを依頼しても、依頼した業者によって10,000円以上料金に差が出ることがあります。例えば以下のサイトであれば、全国100社以上のエアコン掃除やハウスクリーニング業者から、たった90秒で最大5社に一括見積もりが依頼できるので、料金を比較したのち一番安い業者に依頼することが可能です。

見積もりを徹底的に比較して一番お得なハウスクリーニング業者を見つけましょう!

家中を綺麗にして、清々しい暮らしを始めてみましょう。

“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》



夏はエアコンをケチらず涼しい環境で生活しましょう!

室内でも熱中症は起こります。一歩間違えれば取り返しのつかないこと・・・。

節約のためにエアコンをケチるのは暴挙!?室内熱中症で救急搬送された実体験

ABOUTこの記事をかいた人

大阪府在住3羽と2匹のペットを飼うアラサー。 このブログでは私がこれまでに経験したことから今後経験していくこと、飼っている文鳥さんとうさぎさんと猫ちゃんのとても愛らしい姿、そして楽しい三十路ライフを迎えるための金策などを、誰にでもわかりやすくお届けしていく予定です。