独自ドメインのメリットとは?

古民家と新緑(岡山県鏡野町うたたねの里)

そもそもドメインとは?

 

ドメイン

ドメインはホームページを作る上で必要なもので、ホームページの住所のようなものです。ホームページには必ずURLが付いています。当サイトのURLもしくは上の画像をご覧なっていただくと分かります。

当然ながら全く同じのドメインの作成は不可なので、ドメインの取得は早い者勝ちになります。こだわりのドメイン名がある場合はお早めに取得されることをオススメします。

ドメイン名のうち、一番右.(ドット)より右の部分(当サイトでは「.com」)をトップレベルドメインと呼び、様々な種類があります。

一般的に使われるトップレベルドメインは  .com .net  .org .biz .info が挙げられます。

ドメインの種類 特徴
com 企業や商用サービスを表すドメイン
net 主にネットワークサービスの提供者を表すドメイン
org 主に非営利団体を表すドメイン
biz 主にビジネスを表すドメイン
info 主に情報の提供者を表すドメイン

特徴によってトップレベルドメインの名前はかわっていますが、こうしなければならない!ってわけではないので気にせず取得していいと思います。

ただ、几帳面な方が見た時に「なんで普通のブログなのに.org使ってるんだろう?」と思われてしまう場合もあるので、気になる方は開設するホームページの種類に合わせてトップレベルドメインを選ばれると良いでしょう。

ちなみに、 .co.jp など、企業のホームページなどにみられるドメインは属性JPドメイン名と呼び、個人が属性型JPドメイン名を取得することはできません。

 

独自ドメイン取得のメリット

レンタルサーバーと契約すると、サブドメインという無料で使えるドメインが与えられます。

一方独自ドメインは、取得する際に料金が発生したり1年単位で更新料が必要になったりします。

料金面だけを見ると独自ドメインなんていらないじゃん!?と思われますが、独自ドメインにしかないメリットはいっぱいあります。今回はその中で特にメリットのあるものを紹介していきます。

レンタルサーバーを移管しても同じURL(ドメイン)が使える

無料で使えるサブドメインはレンタルサーバー業者から用意されるものです。移管(他のレンタルサーバーへ引越し)をする場合は今まで使っていたドメインは使えなくなり、今まで使っていたホームページのURLが変わってしまいます。

一方独自ドメインの場合は、取得した独自ドメインは自分のものなので、移管しても同じものをずっと利用し続けることができます。ホームページのURLがかわることがないのでクローラーやホームページをよく利用してくれる方を逃すことはありません。

専用のメールアドレスを使い続けられる

ドメインを持つとメールアドレスを取得できます。

サブドメインのメールアドレスを使っている場合は、移管した場合今まで使っていたメールアドレスが使用できなくなってしまいます。

一方独自ドメインの場合は、移管してもずっと同じメールアドレスを使い続けられるのでメールアドレスの変更手続きなど煩わしい作業をする必要がないです。

また、取得可能なメールアドレスの数にも違いがあります。サブドメインを使う場合は、取得可能なメールアドレス数に制限がありますが、独自ドメインの場合は制限がないので用途に合わせていくつもメールアドレスを取得することが可能になります。

SEOで有利になる

ホームページを運用するにあたり気になるのがSEO(検索エンジン最適化)。

独自ドメインを利用した方がSEOで有利になることが多いようです。もちろん閲覧者にとって役立つコンテンツである必要がありますが。

 

独自ドメイン取得のデメリット

基本的に有料、お金がかかるということです。

ただし、このデメリットをなくしてくれるサービスが存在します。

レンタルサーバーを契約した際にドメインが永年無料になるキャンペーンを行っている業者を利用することです。

ドメインに関しては取得費用も更新費用も無料なので余計なコストを考えずに済みます。

このキャンペーンを行っている業者はいくつかありますが、私はエックスサーバーをオススメしておきます。

ただし、キャンペーンは毎日行っているものではなく、期間や条件があるので必ずキャンペーン概要はチェックしましょう!

私は間違えてドメイン永年無料の恩恵を受けれなくなりましたが・・・。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

大阪府在住3羽と2匹のペットを飼うアラサー。 このブログでは私がこれまでに経験したことから今後経験していくこと、飼っている文鳥さんとうさぎさんと猫ちゃんのとても愛らしい姿、そして楽しい三十路ライフを迎えるための金策などを、誰にでもわかりやすくお届けしていく予定です。